豆ごはん

豆ごはん

一年に一度は食べたいご飯メニューの一つ。
野菜市場でグリンピースを見つけると、少々高めでも買いたくなる。
f0378563_10220754.jpg
お豆を鞘から出して硬めにゆでておく。
昆布と油揚げと酒と塩少々でご飯を炊く。
炊き上がってからお豆を入れて一緒に蒸らす。
子供の頃はあまり好きでなかったような気がするけど。今はしみじみ美味しい。
f0378563_10244186.jpg















こんなシンプルな副菜で十分満足。
f0378563_10222634.jpg
























一日食べないとすぐ作りたくなるお出しのきいた煮物、
f0378563_10230112.jpg


や味噌汁。
f0378563_10231239.jpg












f0378563_10225237.jpg
あーー春は眠い・・・
f0378563_10234166.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-31 10:39 | Comments(0)

ラッキョウを漬ける

ラッキョウを漬ける

季節到来。ラッキョウを漬けた。
今年は鹿児島おおすみファームの「特別栽培らっきょう」。
f0378563_12284215.jpg
化学肥料を使わない、農薬もぎりぎりまで減らして育てている。
女主人の自筆手紙と一緒にお塩をつけてくれた。感激。
f0378563_12285650.jpg
ラッキョウは毎年一キロ漬けていたけど、今年は思うところあって五キロ。
f0378563_12291017.jpg
まぁぁ大変。超手抜きの、速攻漬けなんだけど、それでも、一日がかり。
瓶は百均で買って熱湯消毒。
f0378563_12292682.jpg
つけ汁は大好きな酢醤油。同割だけどやや醤油多め。
f0378563_12293911.jpg



f0378563_12304111.jpg





















f0378563_12301594.jpg
f0378563_12303092.jpg



















f0378563_12294869.jpg

美味しくて仕上がりますように。






[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-26 12:59 | Comments(0)

野菜いっぱいの揚げびたし

大皿二つにたっぷり野菜の揚げびたしを作った。
f0378563_10572131.jpg

















f0378563_10573045.jpg











天ぷらと同じでそれぞれは少しずつでも種類が揃うと量も増える。
f0378563_10565549.jpg

f0378563_10570856.jpg




















素揚げして直接一度目のひたし汁に。
そのあと仕上げのつけ汁に移して。
f0378563_10574674.jpg
























つけ汁はポン酢をやや甘めにアレンジして。

f0378563_10580561.jpg

水フキも火を入れなおして味付けアップ。
f0378563_10582078.jpg













朝食にも。
f0378563_10590495.jpg








キャベツの糠漬けがおいしい。
f0378563_10591330.jpg














f0378563_10583841.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-26 11:29 | Comments(0)

鶏ひき肉でミートボール

ミートボールをまとめて作る
f0378563_13244099.jpg
とりあえず前菜を用意。

鶏肉専門店で鶏ひき肉を1kg買ってきた。
鮮度のいいうちにまとめてミートボールを作って冷凍しちゃおう。
玉ねぎと一緒にショウガとニンニクのすりおろしもめり込んでよくよく混ぜる。
今日食べる分は少量の油で揚げてメンチボールに。

f0378563_13251934.jpg

f0378563_13250420.jpg
残りは片栗をまぶして、ゆでて、冷まして、小分けにして冷凍庫に。
今日は久しぶりのお弁当づくり。ウキウキ。たまにだと楽しい。
こんな時は冷凍から戻してトマトやソースと絡めておかずの一品に。
f0378563_13253269.jpg


f0378563_13254864.jpg
夕闇迫る庭を眺めて、君何思う。
f0378563_13260182.jpg

f0378563_13261141.jpg



















うーーん帰ってこないよう。
f0378563_13262426.jpg
ちょっと私のお部屋でポーズ
f0378563_13263200.jpg

ぁーぁあくびが出ちゃうわ。
f0378563_13263983.jpg


[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-23 13:42 | Comments(0)

宴の後の朝ごはん

宴の後の朝ごはん

f0378563_12540735.jpg
友人との飲み会に今季最後のタケノコなど煮物を用意。
水ふきも最後。
f0378563_12530088.jpg
そして何といっても今年はまったトマトの煮物。
f0378563_12525098.jpg
飲み会は楽しいけど翌日の朝ごはんも二日酔いでなければ結構楽しい。
f0378563_12522593.jpg
出し切れなかった料理や使いきれなかった材料を使って。
タケノコご飯など。
f0378563_12541630.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-23 13:09 | Comments(0)

冷凍レモンで焼酎を飲む

レモンを冷凍

レモンを冷凍するとおいしい焼酎が飲めるらしい。
確かに、あり、かも。
ということで、まずは農薬を使わない国産レモンを探す。
いろいろあったけど、広島のレモンを買ってみた。
箱を開けた瞬間いいレモンだとわかった。
f0378563_10462569.jpg
f0378563_10463503.jpg

人間と同じ。初対面の印象で感じることって案外当たっている。
時たま例外もあるけど。それはそれでもうけもの。
とにかくこのレモンは素晴らしい。自然そのもの。
中には文庫本と同じくらいの大きさのものも。






f0378563_10464466.jpg






これを洗って、水を切って早速冷凍。







f0378563_10465951.jpg















翌日、このレモンをグラスにコロンと二つ。焼酎と炭酸を入れてハイボール。お・い・し・いーーー。




初めて買った長崎県壱岐の麦焼酎「猿川」(サルコー)25度で。
お・い・し・いーーー。
飲んだ後グラスに残ったレモンは、食べちゃう。
不思議なことに全然酸っぱくない。
f0378563_10472906.jpg
ニンニクを漬ける

こちらも国産ニンニクをさがして香川県から。
普段スーパーで買っているニンニクと大きさも色も違う。小ぶりでやや黄色みがかっている。
普段使っているのは中国産が多いのかも。もっと白っぽい感じ。
f0378563_10475632.jpg

f0378563_10480601.jpg















ニンニク漬けは一年間使えるように、お醤油、みりん、お酒などに漬けこむ。
f0378563_10482468.jpg










まだ残っているのでオリーブオイル漬けも作ろう。ニンニクの皮むきは面倒だけど、これがあるといろいろな場面で使えるので、この時期にはやっぱり作っておきたいスーパー調味料の一つ。
f0378563_10483720.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-23 11:40 | Comments(0)

古漬けの楽しみ

古漬けの楽しみ

ぬか漬けの一番の楽しみは、何といっても古漬け。
春から初夏へ、季節の移り替わる今、寒かったり、暑かったりと温度差が大きい。
なかなかおいしい古漬けが出来ない。何故ならば、古漬けになる前に食べてしまうから。
f0378563_11083122.jpg
今年初の古漬けを朝ごはんの食卓へ。
大根とその葉っぱを刻んでショウガの細切りもたっぷりと。
これぞ発酵食品のおいしさ。
f0378563_11085708.jpg

土井善晴先生ご提案のおみそ汁も、日々いろいろバージョンで。
f0378563_11091862.jpg
f0378563_11092677.jpg















f0378563_11100008.jpg

f0378563_11094424.jpg
















f0378563_11101478.jpg

















f0378563_11113688.jpg


[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-18 11:23 | Comments(0)

豚肉の肉肉しいハンバーグステーキ

ハンバーグは豚肉で作るのが好き。
f0378563_10242861.jpg
作るときは豚肉の細切れ肉を使う。
半分をミンチ上に叩き、残りの半分は形状の残る大きさに切る。
出来上がりはやわらかいハンバーグではなく、かなり肉肉しいハンバーグになる。
焼き上がり後フライパンに残った肉汁にお醤油をさっと入れてからめる。
このソースをハンバーグの上からまわしかける。
f0378563_10244145.jpg

そして、和辛子をつけて食べる。
f0378563_10251715.jpg
トマト入りお味噌汁

トマトと鰹出汁しのコラボにはまり、ついにお味噌汁にも。
f0378563_10245434.jpg
トマトの酸味と甘み、お味噌汁もあう。
f0378563_10250550.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-18 10:44 | Comments(0)

タケノコとトマトの炊き合わせ

今年はまった煮物のトップ。タケノコとトマトの炊き合わせ。
f0378563_14503150.jpg
おでん屋さんでトマトを食べたことはあるけど別物。
春トマトの硬さと酸味が煮物にあうのかも。
出汁は昆布と鰹の削り節。お味は、酒、みりん、お醤油で。
f0378563_14502018.jpg











水フキの炒め煮


本当にこの時期だけのお楽しみな食材。
煮方は好みでいろいろあるけれど、私は炒め煮が一番好き。
お出汁は煮干しと昆布と干しシイタケの水出し。お酒とみりん、お醤油で薄めの味付け。
f0378563_14504823.jpg









タケノコと水フキのでるこの時期はあっという間に終わるので野菜市場のチェックが欠かせない。

翌日もう一度加熱。さらに味が深まる。薄目の味付けがここで本領発揮。
f0378563_14511835.jpg





















今夜は菊水で。

f0378563_14510326.jpg


[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-17 15:05 | Comments(0)

鶏むね肉のから揚げと新玉ねぎのマーマレードソースがけ

TVのお料理番組で紹介していたので作ってみた。
鶏むね肉を細切りにして小麦粉をまぶしてから揚げ。
これをレタス、新玉ねぎなどの上にのせる。
ここに、新玉ねぎのみじん切りとマーマレード、お醤油を合わせたソースをかける。
確かに新玉ねぎの甘さと、マーマレードの甘酸っぱさが合って食べやすい味。
f0378563_14140774.jpg
揚げ物ついでに
油揚げの納豆詰め揚げ


f0378563_14143030.jpg

f0378563_14135231.jpg











私の好みはこっちだわ。
f0378563_14144262.jpg

[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-05-17 14:35 | Comments(0)