味噌汁 土井善晴 「一汁一菜でよいという提案」から

お椀の中で一人分の「味噌汁」を作る。

土井善晴の「一汁一菜でよいという提案」という本が話題になっている。
シンプルでセンスの良いステキな装丁。
f0378563_14101124.jpg

お料理の本かと思ったら違っていた。
「一汁一菜とは、ただの「和食献立のすすめ」ではありません。一汁一菜という「システム」であり、「思想」であり、「美学」であり、日本人としての「生き方」だと思います。」と著者が書いている。
f0378563_14102218.jpg
そこで出てくるのが一人分味噌汁。確かに「あり」だ。
私はもっぱら朝食の時に実践している。
具は何でもそこら辺にあるもの。
出汁は削り節とか煮干しとかちりめんなどをお椀に直接投入。そして適度に味噌。
ここにお湯を直接注ぎ入れてできあがり。
f0378563_14122381.jpg


















f0378563_14121170.jpg

f0378563_14132755.jpg
f0378563_14134890.jpg
f0378563_14130308.jpg
f0378563_14125032.jpg




[PR]
by p3-9-5-102 | 2017-04-22 14:32